クリスマスプレゼントにブロック系のおもちゃをお考えの方へ「ブロック系おもちゃ、いっぱいありすぎ問題」


子供がブロックで遊んでいる姿

ブロック系おもちゃ、いっぱいありすぎ問題

子供はブロック遊びが大好きですよね。
お子様のクリスマスプレゼントにブロックを検討している方も多いのではないでしょうか。
しかし、ブロック系おもちゃはたくさん種類があって、どれが自分の子供に向いているのか選ぶのも大変です。そこで、IQ KEY含め、ブロック系おもちゃ3種の特徴を、独断と偏見とブロック愛に満ちた視点で比べたいと思います。

「立体的」「カッコいい」「簡単に動かせる」どれにしますか?

1. 三角と四角を組み合わせる国産ブロック[ラキュー]

特徴① パーツの種類は7種類。シンプルなのに奥が深い。[公式HPより]

7種類のラキューブロック

特徴② 多次元的な造形が可能。オリジナル作品にも簡単に挑戦できる。[公式HPより]

ラキューブロック作品例

【独断と偏見とブロック愛による評価】
三角形、四角形のブロックをつなげるジョイントパーツがあるので、上下左右斜めに広げていく組み立てが可能に。同じようなブロックを積み重ねていくよりも、とても頭を使いますし、考えることが楽しくなるブロックだと思います。

2. レゴ社のブロックシリーズ

特徴① カラフルなブロック[公式HPより]

レゴブロックの山

特徴② 他のレゴセットと組み合わせて楽しむことも可能[公式HPより]

レゴブロック作品

【独断と偏見とブロック愛による評価】
レゴ社のブロックにはいろいろな形や色があるので、完成したモデルの見た目が美しく、かっこよくなると思います。ギアやシャフトなどの特別なブロックを使い、車の仕組みなども再現できるテクニックシリーズや、プログラミングでモーターやセンサーをコントロールするシリーズもあります。

3. IQ KEY(アイキューキー)

特徴① モーター付きで、小1でもすぐに動かせる。

↓↓教育ブロックIQ KEY CM↓↓

特徴② ギアがカプセルなので、組み立てたマシンのスピード・パワー・方向を簡単に変えられる。

科学館イベントにて教育ブロックIQ KEYで試行錯誤している姿

【独断と偏見とブロック愛による評価】
ギアで動かせるブロック系おもちゃはいろいろありますが、IQ KEYの特徴はギアの組み替えが簡単なことです。例えば、ブロックで作った車が速く動くように改造したい!と子どもが思ったとき、「このギアの付け方で遅いってことは、つけ方を逆にすればひょっとして……」と考えます。しかし、この「ギアブロックの付け方を逆にする」という作業が案外難しいのです。

とあるブロック系おもちゃで、この作業をしたとき、全部で8ステップ以上かかりますし、タイヤを取り付ける位置も変えなくてはいけなくなるので、1つのアイデアを試すだけでも大変です。レゴマインドストームのギアチェンジ

↓↓実際の作業動画はこちら↓↓

しかし、IQ KEYは組み立て簡単、組み替え簡単。こんな風にギアカプセルの付ける向きをくるっとひっくり返して取り付けるだけで、ギアの働きを反対にできます。

教育ブロックIQKEYのギアチェンジ

↓↓実際の作業動画はこちら↓↓

組み替えが簡単にできるので、「車を早く動かすためにはギアをどうすればよいか?」という、今、解決したいことに集中できます。

以上、3つのタイプが異なるブロックをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? ここはIQ KEYのHPですので、オススメはやはりIQ KEYになりますが(笑)、お子様と保護者様が「立体的な物を作りたい」のか「カッコいい物を作りたい」のかによって、相性の良いブロックを選んでいただければと思います。

「組み立てた物を動かしたい!動きをぱぱっと変えてみたい!」という方は、今年のクリスマスプレゼントに教育ブロックIQ KEYをどうぞ!

→ IQ KEYってなんだ?
→ IQ KEY商品ラインナップ