さかあがりシミュレーション


親子で教育ブロックIQ KEY

息子(年長)「パパ・・・青組の中で、さかあがり、僕だけできないんだ。」
わ た し 「そうなんだ。どうしたらできるようになると思う?」
息子(年長)「先生からは『鉄棒と体をくっつけろ!』っていわれる。」
わ た し 「くっつけられないの?」
息子(年長)「できないし、やる意味がわからない。」
わ た し 「え?(反抗期?はやっ!)」
息子(年長)「だから!なんで、鉄棒に体をくっつけないと、さかあがりできないのかがわからないの!パパは、ぼくのどんな『なんで?』も一緒に考えてくれるんだよね?」
わ た し 「よし!IQ KEYを使って科学的に説明しよう!」

さかあがりのコツ → 筋トレ!?

さかあがりをしようとしている子供

なんでもかんでも原理や根本を理解しないと気持ち悪いという我が息子。
この前も「ハッシュポテトはジャガイモをちっちゃく切ってハンバーグみたいな形にして、フライドポテトより作るの大変そうなのに、フライドポテトより安いのはなんで?」と聞かれて、一緒にめっちゃ調べました。とても楽しかったようです。
そんな息子の私に対する「なんでミッション」、今回は「さかあがり」、物理のお題ということで、最難関中学受験理科の教師としても気合が入ります!

教育ブロックIQ KEYでさかあがりシミュレーションの動画です。どうぞ!↓↓↓

息子(年長)「パパ・・・けっきょく、今の僕にはできないということなんだね・・・」
わ た し 「そうだね。あきらめるの?」
息子(年長)「いや、僕はあきらめない!パパ・・・いっしょに筋トレしよう!」

(2週間後、くら寿司で食い過ぎた我々は腹ごなしに近くの公園へ)

わ た し 「(鉄棒発見!まだ、さかあがり、できるようになってないだろうなー。言わないでおこう。)」
息子(年長)「鉄棒だー!さかあがりやってみるね。」
わ た し 「お、おう(汗)」
息子(年長)「くるん!やったー!」
わ た し 「え、えぇぇー!(驚)もう一回!」
息子(年長)「くるん!やったー!」
わ た し 「や、やったー!(笑)もう一回!」
息子(年長)「くるん!やったー!」
わ た し 「す、すごいー!(泣)もう一回!」
息子(年長)「くる!あれ?くる!あれ?できなくなっちゃった。」
わ た し 「あれ?なんでだろう。」
息子(年長)「パパ!腕の筋肉(上腕二頭筋を指差して)が疲れちゃったんだよ!疲れが取れたらまたできるようになるよ!一緒に調べたじゃん!
わ た し 「そうだね。納得です。」

さかあがりができるようになった理由が、上腕二頭筋の筋トレなのか、幼稚園で先生からスーパーテクニックでも教わったのか定かではありませんが、とにかくできるようになってよかった。
これからも息子の「なんで?ミッション」に全力で向き合っていこうと思います。

わからないことから逃げる術をいつ学ぶのか

親子で教育ブロックIQ KEY

わからないことを気持ち悪いと思う気持ちを無くさないでほしい。わからないを考え、調べ、解決することを楽しんでほしい。そうすれば、人は常に学び、日々成長することができる。

それが未来を生きる君にパパが一番教えたいことです。そして、息子を納得させるためのツールとしてのIQ KEYに出会えたことにも感謝です!

→ IQ KEYってなんだ?
→ IQ KEY商品ラインナップ