クリスマスプレゼントのおもちゃをお探しの方へ「こども、おもちゃすぐ飽きる問題」


父「クリスマスプレゼントであげたおもちゃでぜんぜん遊んでないよね。」

子「うん! もう、あきたよ!」

父「え? はやくない? あんなに欲しがっていたじゃないか…………」

子「……。」

いつの世も「こども、おもちゃすぐ飽きる問題」がお父さんお母さんを悩ませています。
プレゼントに人気のおもちゃのレビューをショッピングサイトでクリックしてみると、

「あんなに欲しがっていたのに、すぐ飽きてしまった……」

「全然遊んでくれません。いまは、おもちゃ箱のこやしです。」

という意見もチラホラ。
せっかく、気持ちもお金も込めたプレゼント。

「楽しく長く遊んでほしい!」

そう思うのは当たり前です。

㊙️リーク情報「子供がおもちゃに飽きる理由」

おもちゃ問屋さんによると

『子供はすぐに飽きるから、安いモノがいいな……』という視点で親が選ぶため、安価な商品=遊び方がシンプルなおもちゃが増えている。そして、シンプルだから子供が飽きやすい、という負の連鎖が起きている。入れ替わりが激しいから、メーカーさんは儲かるんだけどね(苦笑)

とのこと。

メーカーも子供がすぐ飽きる前提でおもちゃを開発しているということなんですね。
そう考えると、コマとかケン玉とか、昔の遊びのコストパフォーマンス、すごいですね。

しかし!

遊びの幅が狭い最近のおもちゃでも、子供が飽きない方法はあります!

親子で一緒に遊ぶ!

人生経験の少ない子供だけでは、おもちゃの遊び方を広げることは難しいのです。
そこで、みなさん、大人の登場です!
仕事や家事で忙しいとは思いますが、これが唯一の解決法なんです。
遊び方をともに考えたり、ともに喜んだりすることで、子供は「また あそびたい!」「つぎは どんなふうにあそぶ!?」と思ってくれます。
YouTubeのおもちゃ紹介動画も、ただ遊んでいるより、遊び方を工夫している動画の方が人気なことからも頷けます。

私も、年長の息子とおもちゃコーナーに行ったとき、息子の欲しいおもちゃを目の前にして、遊び方を一緒に考えます。
例えば、電池で動くサーベルタイガー型の歩くおもちゃを見つけたら、

私「これで何して遊べるかな?」

息子「ブロックでモンスターつくって、おしたおす!」

私「いいね! 他には? 押し倒せるなら、その逆の……」

息子「あ! ペットボトルを にもつにして、ひっぱるのもいいかも!」

と妄想が膨らんで、互いに盛り上がったら、初めて購入を検討します。
このおもちゃで“パパやママと”遊んだら楽しそう新しい遊び方を引き出してくれそうという期待を子供から感じる瞬間です。

子供と大人が一緒に楽しみやすいおもちゃ、IQ KEY

教育ブロックIQ KEYの飽きさせないポイントはどうかというと……

① ブロックを組み替えることで、何十種類もの動くモデルを組み立てられる。

② 組み立てるだけでなく、ミッションがある。

→ IQ KEY MISSIONに挑戦だ!

③ オリジナルモデルやミッションを、おうちの人が提案することで、さらに遊びの幅が広がる

例えば、「車のスピードをアップさせる!」というミッションがあったら、モデルの形を変えたり、ギアの組み方を変えたり、タイヤの大きさを変えたりして、組み立てるだけでなく、クリアを目指して楽しめます。「私が子どもにミッションを考えてあげるの? できるかな……」安心してください、簡単ですよ!

例えば逆張り。「じゃあ、今度は、すっごく遅い車をつくって」なんてのも立派な提案です。お子さんは「ええーーー! おそい車ぁ!?(笑)」と叫びながらも、嬉々として早速、改造に取りかかることでしょう。

今年のクリスマスプレゼントには、飽きずに遊べて、子供と一緒に楽しめるおもちゃ、教育ブロックIQ KEYはいかがでしょうか。

→ IQ KEYってなんだ?
→ IQ KEY商品ラインナップ