【授業レポート】ロボット教育ブロックIQKEYで真・自由研究!~長くまわるコマのヒミツ~


8月13日(日)~16日(水)の4日間、はまぎんこども宇宙科学館でロボット教育ブロックIQKEYで真・自由研究!~長くまわるコマのヒミツ~を開催しましたが・・・大人気!満員御礼!

120名の子どもたちに参加いただきました。毎日、即完売で、なんと朝5時から並んでいる方もいたそうです。本当にありがとうございます。授業を受けられなかった方もたくさんいたようです。申し訳ございません。

惜しくも授業を受けられなかったり、まだ自由研究が終わってない方は、授業の様子のレポートを見ながら、お家で是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

それでは授業レポートスタート!

作るだけでは、自由研究とは言いません。今日の目的は「ながく回るこまをつくる!」こと。

みんなには「調査→仮説→検証→考察」の流れでしっかりと研究してもらいます。

それでは、・自由研究をはじめましょう!

彼らの研究ですから、保護者の口出し・手出しは厳禁!やってたら注意しますよ!

調査

まずは、「ながく回るコマとは何か?」を探る必要があります。

 

IQKEYでつくった5種類のコマの形、大きさ、重さをしらべて、

 

IQKEYで作ったコマ回し機で回して、ストップウォッチで回転時間を調べます。

仮説

調査を通してなにがわかった?

 

ながく回るコマは、どんなコマでしょうか。形は?大きさは?重さは?みんな真剣!

検証・考察

仮説で考えたコマを自分で作って、回してみよう!目標は30秒だ!

 

紙皿やコースターに穴を開けて、

 

軸をつけて、おもりをつけて、

 

大きさや重さを確認しながら、自分の理想のコマに近づけていきます。

 

よし!やってみよう!。。。20秒。。。どうしたらいいんだろう。よし!もっと重くしよう!

 

研究に失敗はつきもの。失敗なんて当たりまえ!失敗も大事な情報!

失敗することで次のチャレンジが決まるんだ!くよくよしてないで、行動あるのみ!

 

子供達はたくさん失敗して、たくさん挑戦してどんどんタイムをのばしていきます。

参加者120名の最高記録は64秒!すごい!成功した子は誰よりも失敗していました。

さいごに考察です。自分の仮説が正しかったか、間違っていたならどうだったのか。なぜそうなのかを考えていきます。ポイントは重さ、バランス、空気抵抗

終了!時間です!

「え〜!」「もういっかい!」「まだやりたい!」

ごめんなさい!先生はこの研究が90分で終わるわけないって知ってました!研究の続きはおうちでやってね!もう君たちは立派な研究者です。また新たな課題や問題をみつけたらどうする?

「調査→仮説→検証→考察!」

すばらしい!それでは引き続き研究をよろしくおねがいします!ありがとうございました!

使用教材:IQKEY PERFECT1000

はまぎんこども宇宙科学館について

楽しく学びながら宇宙や科学に親しめる参加体験型の科学館

名称 はまぎん こども宇宙科学館
所在地 〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1

ホームページ:http://www.yokohama-kagakukan.jp/