ロボット教育ブロックIQKEYパーツ図鑑⑥【バーコネクタ】の性質や利用例を紹介します。


今回のIQKEYパーツ図鑑は【バーコネクタ】

バーコネクタの役割や特徴を紹介していきます!

ロボット教育ブロックIQKEYパーツ図鑑⑥

【バーコネクタ】

IQKEYには何種類ものバーコネクタが入っています。

(PERFECT1000-5種類 ADVANCE1200-5種類 BUILDER500-3種類)

 

名前は、

上からダイアゴナルバーコネクタ(大)、ストレートバーコネクタ(大)、ダイアゴナルバーコネクタ(小)、ストレートバーコネクタ(小)、バーコネクタ

長さの関係は、

ダイアゴナルバーコネクタの長さ=ストレートバーコネクタを一辺とする正方形の対角線の長さ

 

バーコネクタの主な役割は補強。この様にカプセルをつないで、カプセル同士がはずれにくく補強することができます。

また、名前の通りコネクタの役割もあるので、そのままカプセルをどんどんつなぐことができます。

しかし、このバーコネクタには、他にも使い方がたくさん隠されているのです。

玉が落ちちゃう!

玉落ちストッパーとして

 

プロペラとして

 

手や足として

尻尾として?

他にもいろんな使い方ができそうですね!

IQKEYはギアの理解も大切ですが、ちゃんと動くためには、全体のバランスをとることがとても重要なんです。テキストモデルの改造、オリジナルモデルの開発には欠かせません!

バーコネクタをどんどん使って慣れることがIQKEYNextStageへの第一歩です!みんな頑張れ!